So-net無料ブログ作成

あさイチ レシピ はちみつ鶏のから揚げ [あさイチ 有名シェフのレシピ]

NHKあさイチ 2014年4月8日
おいしくて体にも良いはちみつレシピ特集!
<夢の3シェフNEO 実力満点! ハニーに首ったけ>
専門家ゲスト:
日本料理・橋本幹造さん(一凛 店主)
中国料理・井桁良樹さん(老四川 飄香(ピャオシャン)店主)
イタリアン・マリオ・フリットリさん(マリオ・イ・センティエリ オーナーシェフ)
日本料理・橋本幹造さん

スポンサードリンク


●はちみつ鶏のから揚げ
塩や塩麹ではなく、はちみつをもみ込むことで、鶏肉をぐ~んと柔らかくするというレシピなんだそうです。
高血圧の方で塩を控えたい方にもいいかもしれないですね。

材料(2人分)


・鶏もも肉…1枚(一枚を6等分に切って、筋を切っておく)
・はちみつ…小さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・レモンの絞り汁・・・小さじ1
・かたくり粉・・・大さじ3

・木の芽・・・10枚

作り方


【1】鶏もも肉の両面を包丁の腹でたたいてやわらかくし、6等分に切る。
【2】(1)にはちみつ(小さじ1)をもみ込み、10分おく。
point
下味をつける前に、鶏もも肉にはちみつだけで もみこんでおく。
お醤油などと一緒に揉みこむのではなくて、はちみつだけで揉みこんでおくことがポイントなんだそうです。


【3】(2)をしょうゆ(大さじ1)とレモンの絞り汁(小さじ1)につけて10分おき、ペーパータオルなどで軽くふき取る。
point
レモン汁を加えることで、はちみつの甘さを抑える働きと、レモン汁にもお肉を柔らかくする働きがあるからなんだそうです。

【4】(3)にかたくり粉(大さじ3)をまぶし、冷蔵庫で6時間おく。
point
片栗粉はうす~くでOK(後でもう一度まぶすので)

片栗粉につけてから6時間ねかす。
寝かさず揚げてもおいしいのですが、寝かすことでお肉がよりしっとりしておいしくなるそうです。


スポンサードリンク


【6】フライパンに高さ2センチの油(分量外)を注いで、鶏もも肉を入れて、火をつける。
point
から揚げがちょうどかぶるくらいの油の量です。
油が少ない方が、それだけ温度が上がるのが早くなります。

ポイントは油が冷たい状態から入れること。
片栗粉をつけて6時間寝かすコツで、油を適温に上げてから入れなくても、唐揚げがべチャッっとした仕上がりにならず、冷たい油からじわじわ熱を通すことでジューシーに仕上がるそうです。


【7】中火で6分ほど揚げ、泡が大きくなり音が高くなってきたら上下を返す。さらに30秒ほど揚げる。
【8】音があわただしくなってきたら、ゆっくり持ち上げるように油から取り出し、油をきる。
point
タイミングの見極め
最初は油の気泡が細かいけど、鶏が揚がってくるとだんだん気泡が大きくなっていく。
から揚げ周辺の気泡が上がってくるタイミングもだんだんゆっくりになってくると、火が通った合図なんだそうです。

から揚げを引き上げる時のコツ
箸でつまんでさっと上げるのではなく、から揚げを半分持ち上げて一旦止める。
ゆっくり油を切るイメージで全体を持ち上げると、油が油を吸い取ってくれるので、 油を落としながら引き上げることができるそうです。


【9】うどの甘酢漬けと一緒に器に盛りつけ、木の芽を散らす。
point
木の芽はパチンと強くたたくとつぶしてしまうので、手で直接たたくというより、 空気圧で叩く感じでやると良いそうです。

●うどの甘酢漬け


番組内ではから揚げに添えるに使われていましたが、レシピの紹介はありませんでした。
なしでも全然OKだと思います。

材料


・うど・・・3分の1本
・酢・・・50ミリリットル
・はちみつ・・・大さじ2
・水・・・150ミリリットル

作り方


【1】うどは、厚めに皮をむき、長さ3センチのぶつ切りにし、分量外の酢水(水 200ミリリットル・酢小さじ3・塩小さじ3)に2~3分さらして水けを切る。
【2】水に入れて火にかけ、ふっとうしてから2~3分ゆでる。
【3】熱いうちに、甘酢(水150ミリリットル・酢50ミリリットル・はちみつ50グラム)に漬け、冷めるまでおく。

~感想~
はちみつを使うことで冷めてもおいしいので、お弁当にも良いそうです。

●体にいいはちみつ
はちみつには190種類もの成分が入っていて、殺菌作用や整腸作用などがあることで有名です。
さらに最近の研究で、「免疫力をアップする」作用もあるそうです!

免疫機能の関係について研究しているのは、京都産業大学 総合生命科学部 竹内実教授 。
アフリカ原産の「ジャングルハニー」というはちみつは、現地では薬として使われているそうで、そこに目を付けたそうです。
免疫作用の高いというきのこやローヤルゼリーと比較しても免疫細胞を活性化させる強さが強かったそうです。

教授によると
「これだけ強力に免疫細胞を活性化させる物質は見たことがないのでちょっとびっくりしました」
とのことです。

「ラベイユ(荻窪本店)」が番組で紹介されました。
世界80カ国のはちみつを扱っているお店なんだそうです。

住所: 東京都杉並区天沼3-27-9
電話番号:03-3398-1778
ホームページ:http://www.labeille.jp/top/index.html

その中でとくに人気なのは
イタリア産の「ひまわり」というはちみつ。
万能ピューレのような味で、卵黄のような色をしていてとてもきれい。
ビタミンたっぷりなはちみつなんだとか。

他にも売れ線なのが
「ローズマリー」のはちみつ。

色は一般のお店で販売されているはちみつよりも薄く、黄色がかった水あめのような感じ。
ローズマリーの香りがするんでしょうか?番組では「清涼感たっぷり」と紹介されていました。
紅茶などの飲み物に入れてもおいしそうかもしれないですね。

国産のさくらんぼ「佐藤錦」
という名前のはちみつがよく売れているそうです。
佐藤錦は見た目はリンゴジャムのようなやさしい色です。
高級そうな感じなので、お中元やプレゼントなどにも良さそうだなと思いました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。