So-net無料ブログ作成
検索選択
マサカメTV ブログトップ
前の1件 | -

マサカメTV 焼肉・焼きそば・卵かけごはんの極意・コツ [マサカメTV]

マサカメTV 2014年8月18日放送 夏の総集編

おいしい焼肉の焼き方、自宅でもおいしく焼きそばを作るコツ、 ふわふわの卵かけごはんを作る極意、線香花火を長持ちさせる裏ワザ、 ジェットコースターで恐怖を感じにくくする方法などが紹介されました!


スポンサードリンク



●もったいない焼肉の焼き方


◎焦げないようにと、頻繁に肉をひっくり返す

旨み成分のアミノ酸をたっぷり含んだ肉汁が、
ひっくり返すたびに落ちてしまうそうです!


●焼肉の達人に聞く!肉汁を損なわない焼肉の焼き方

焼肉をする時、お肉を『丸めながら』焼けば、
もっとたっぷりの肉汁を味わうことができるそうです!


・薄切りロース肉で・・・
箸を使って、あらかじめかなりきつめに薄切り肉を
丸めて筒状にして、
その形をキープしながら内側まで火を通すように焼きます。


こうすることで、内部に肉汁をたっぷりキープすることが
できるのだとか。



『丸まらない』厚切り肉は?
・厚切りカルビで・・・
片面を軽く炙る(あぶる)程度に火を通します。

こうすると肉の表面が縮んで、壁ができます。

そして肉の両端を網にひっかけて、ブリッジの形をキープして
内側からじっくりと焼いて、肉汁を内部にキープします。

写真.JPG

ブリッジの内部に熱風が当たることで、
決して焼きすぎず中まで火を通すことができるそうです。

~感想~
焼肉屋さんで厚切り肉をブリッジさせていたらちょっと変な人っぽいですが、
ネタとして盛り上がれそうです。



●家でも焼きそばの上手に焼くコツ!



<達人の極意>
焼きそばをおいしく作るコツは、、蒸し焼きにすること。

『キャベツを使った1分が命なんです!』

<作り方>
【1】千切りにしたキャベツ(一人分100g)を
鉄板の上に乗せて、20秒ほど炒める。

【2】すかさず焼きそば麺を投入。
【3】すぐさまお湯を麺に注ぎます。
【4】麺の上にキャベツを乗せて、キャベツで麺に蓋をする。
【5】1分そのまま加熱。麺にもキャベツにも触らず
蒸し焼きにする。
【6】手早く麺とキャベツを混ぜて、ソースを入れ、
手早く絡めたら完成です。


『キャベツじゃなくて普通の蓋で蒸し焼きにしてはダメなの??』

普通の蓋をする場合、
焼きそばの麺と蓋の間に広い隙間が出来ているために、
広い空間で空気が対流します。

蓋についた水蒸気が、水滴になって焼きそば麺に落ちるために、
水っぽい仕上がりの焼きそばになってしまうんだそうです。


キャベツで蓋をした場合、
キャベツの間の隙間から空気が出て水滴ができません。

水っぽくならない上に、
短時間で蒸し焼きにすることで、
キャベツのうまみや甘みが出やすいそうです。

その最適なタイミングが『1分』とのこと。

~感想~
キャベツで麺を蓋。面白いですね!
最近、塩焼きそばにはまっています。
このやり方でおいしくなるのかぜひ試してみたいと思います!



スポンサードリンク



●おいしい卵かけごはんを作る極意


<達人の極意>

『白身を先にご飯とかき混ぜる』と、
卵かけごはんは究極においしくなるんです!

【1】まず白身と黄身に卵を分けます。
【2】白身とご飯をふわふわになるまで混ぜます。
【3】黄身としょうゆやタレなどを加えて混ぜたら完成です。

~感想~
たしかに白身の塊は口当たりが悪いですね。
今度やってみようと思います!



●線香花火を長持ちさせる極意


<達人の極意>

『ナナメ』にするのがいいんです。

縦に持った場合・・・37秒
ナナメに持った場合・・・1分10秒


線香花火を縦に持つと、火の玉がこの部分にしかくっつかない

写真 (1).JPG

一方ナナメにすると、持ち手の紙部分と、火の玉の接着面積が
大きくなるそうです。


写真 (2).JPG

~感想~
この原理は、吹きガラスにも使われているそうです。
いつもひたすら揺らさないようにがんばっていたので、
ぜひナナメでチャレンジしてみたいです!



●ジェットコースターで恐怖を感じなくなる叫び方


<達人の極意>

絶叫マシンが苦手な人は『叫べばいいんです』
ただし、大事なのは、『恐怖を感じる前に』なんです。


人間は怖い場面に遭遇すると、
脳の扁桃体が「危険だ」という信号を出すそうです。


恐怖を感じる前に、声を発することで、
理性をつかさどる前頭葉が、扁桃体の過剰な反応を抑え込み、
恐怖を和らげてくれるんだそうです。

~感想~
これはなんとなくわかりますね。
採血や歯科治療前にやたら饒舌になってしまったり、
夜道一人で歩くときに、心細くてつい歌うというのも
同じ原理なのかもしれないですね!



●ジェットコースターの恐怖をより感じたい人は



ジェットコースターは、冬よりも夏の方が速くなるそうです。

理由は、車輪に塗ってある潤滑剤。

潤滑剤は、
気温が下がると固くなり、抵抗が強くなり、
気温が上がると、やわらかくなり、抵抗が弱くなるそうです。

よって、夏の方がスピードが上がるんだとか。


●夏休み 待ち時間の長い空港を快適にすごす裏ワザとは?


<座れるスポット>

羽田空港の2Fには、人が込み合わないベンチが結構あり、
夏休みで1Fと3Fが込み合っていても、
2Fは比較的すいていて、ベンチに座れるそうです。


<格安お弁当売り場>

空港で売られているお弁当を安くすませるには、
2Fで職員用に500円で売られているお弁当がお勧め。
一般の人も買えるそうです。

~感想~
お子さん連れの方は、
2階の穴場ベンチはねらい目なのかもしれないですね!

空港のお弁当も、なかなか500円では売っていないので、
節約したい人はすごくよさそうですね!
見た感じ、結構ボリュームはありそうでした!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | - マサカメTV ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。